家事 家電

パナソニックのドラム式洗濯機の口コミ 毎日が暇になりました

2020年6月5日

 

パナソニックのドラム式洗濯機の購入を検討しているけど、実際に使っている人の口コミが知りたいな、そんな疑問をお持ちですか?

このブログでは2020年5月現在、パナソニックの最新、最上位モデルのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aを購入、1か月使用して感じた口コミを毎日家族4人分の洗濯をしている主婦の私が書いています。メリットもデメリットも包み隠さず書きますので購入の参考になれば幸いです。

 

パナソニックのドラム式洗濯機の口コミ 毎日が暇になりました

 

パナソニックのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aを購入して使用し、1か月が経ちました。

 

評価は、結論から言うと、買って大正解でした。

 

洗濯という毎日しなければならない家事の時間を劇的に短くすることができ、以前の夕方からのバタバタとした時間はなくなり、家族と過ごす時間も増え、暇になりました。

 

ふっこ
我が家の家族構成は大人二人、保育園児の子ども二人です。洗濯は1日に1回行っています。

 

パナソニックのドラム式洗濯機を買った理由は?

 

ある日、突然、洗濯機が故障し、動かなくなったためです。前の洗濯機は日立のビートウォッシュの縦型の洗濯機でした。

 

日立洗濯機 ビートウォッシュ 8年目で故障 買い換えます

 

次買い替えるのは絶対、乾燥機能付きにしようと思っていました。何故なら、干すのに時間がかかり、面倒くさかったり、冬場や室内干しではあまり乾かなかったからです。

 

パナソニックにしたのには明確な理由はありませんが、人気がありそうだし、何となくです。電気屋さんに行ってもパナソニックの洗濯機の取扱いは多いし、西島秀俊さんがCMに出ていたりと評判もよさそうなので何となく洗濯機はパナソニックかな。。と決めていました。

 

ふっこ
家電評論家ではないので、他メーカーと比べて、、などはしていません

 

予定どおり、2020年5月にパナソニックのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aを購入しました。洗濯、脱水容量は11キロ、乾燥容量は6キロです。

 

パナソニックドラム式洗濯機 NA-VX 900A

 

パナソニック ドラム式洗濯機 NA-VX 900Aを1か月使った口コミ

パナソニックのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aを毎日1か月間使用してみて感じたレビューやメリット、デメリットをみていこうと思います。

 

メリット

 

 

時短になる

時短になります。時短になる理由は、乾燥機能付きで干さなくていいのと、洗剤の自動投入機能があるからです。

 

時短になるポイント

・乾燥機能がある

・洗剤の自動投入がある

 

乾燥機能付きなので、「干す、取り込む」という作業がなくなったからです。干す、取り込むだけで毎日20分はかかっていました。その時間をなくすことができたので家事の時短になります。

 

我が家では夕方お風呂に入ったあとに、洗濯をしていたのですが、以前は洗濯が完了したら、夕食準備と並行して慌ただしく洗濯物を干していました。それが干さなくていいようになったので夕食後の家族団らんの時間が増えました。時計を見て「まだこんな時間かあ」と暇に感じるくらい時間が増えたような気がします。

 

ふっこ
気持ちにもゆとりがうまれました。

 

洗濯物を洗濯機に入れてタッチパネルで洗濯をスタートしたらあとは放置、乾燥完了までわずか3時間です。

 

洗剤の自動投入は一度、洗剤や、柔軟剤を入れて、水30リットルあたりの洗剤量を設定しておくと、毎回の洗濯の度に、洗剤を測っていれる必要がなく、洗濯物の量を測って、自動で洗剤を投入してくれるので日々の時短になります。一度に入れておく洗剤の量は液体洗剤が870ml、柔軟剤が580mlと大容量です。

粉末洗剤は自動投入できません。

 

洗剤を毎回測って投入しなくていいので、時短になります。洗剤や柔軟剤の基準量を変えることもできますし、気分や汚れ具合によってその1回だけ洗剤や柔軟剤の量を少な目にしたり、多めにしたりの変更もボタン一つでできます。

 

洗濯物がフワフワになり、エコなヒートポンプ乾燥

NA-VX 900Aではヒートポンプ乾燥方式を採用しており、乾燥まで終了した洗濯物は驚くほどフワフワになります。よく聞く、ドラム式洗濯機は叩き洗いをするから洗濯物がゴワゴワになるという話を聞きますが、1か月使ってみてゴワゴワするような感じはありません。

 

また時間やコストも下記の表のように従来のヒーター方式の乾燥に比べ節約することができます。

参照:パナソニック公式サイト

 

我が家は大人二人、保育園児の子どもが二人の4人家族です。子どもは毎日、保育園から汚れた体操服や制服を持ち帰ります。洗濯は1日に1回をまとめてしますが、洗濯~乾燥まで3時間で、心配していた生乾きもなく、ちゃんと乾燥しています

 

洗浄力も抜群

洗浄力も問題なくいいです。洗浄力は縦型の方がいいとよく言われますが、以前の縦型の洗濯機の時の方が洗浄力はよくなかったです。それは、私が洗剤の量をいつも適当に入れていたことにも原因があると思います。その点、NA-VX 900Aは洗剤の自動投入機能により、洗濯物の量に応じて、適切な洗剤の量を入れてくれます。また「泡洗浄W」という機能がついていて洗剤を泡立てることにより繊維の奥深くまで洗剤を浸透させ、汚れを落としやすくする機能があります。

 

下のようなひどい汚れも、

パナソニックドラム式洗濯機の口コミ

 

予洗いをしなくても、普通の洗濯「おまかせコース」ですっきりと落ちていました。

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

泡洗浄はNA-VX 900A  VX-800A  VX-700Aが対応しています。

 

お手入れが楽

お手入れはとてもやりやすく短時間で終わらせることができます。お手入れといえば、縦型の洗濯機の時は糸くずフィルターの清掃でしたが、地味に綺麗にするのが大変でした。

 

NA-VX 900Aのお手入れはそれに比べると断然、楽だと思います。

 

主に行うお手入れは乾燥フィルターのお手入れになります。乾燥フィルターには乾燥の際に出たホコリや糸くずを吸着する機能があります。そのため乾燥機能を使ったら乾燥毎に毎回お手入れをする必要があります

 

乾燥毎に毎回お手入れ?面倒では?

 

私も最初はそう思っていました。しかし、やってみれば1分で終わります。しかも、なんか綺麗になってスッキリするというか、気持ちいいいというか、、全然苦ではないです。
ふっこ

 

下記の写真のように乾燥が終わるとびっしりとほこりや糸くずが乾燥フィルターについています。

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

 

さっと拭くと、ずずっと取れます。

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

はい、これで終わりです。スッキリしました!

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

乾燥フィルターのお手入れをしないと、乾燥に時間がかかったり、生乾きなどの原因になります。

 

他のお手入れとしては排水フィルターがあります。説明書には1週間に1回程度とありますが、1週間ごとに掃除をしても下記のとおりほとんど汚れはついていません。あまり汚くなりすぎると掃除をするのが億劫になるので綺麗をキープできるのはいいですね。

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

ちなみに私はドラム式洗濯機は初めてなのですが以前のドラム式洗濯機の排水フィルターの掃除は大変で汚かったと電気屋さんに見本が置いてありました。

他には洗濯槽のカビ発生予防に樽乾燥や樽洗浄がありますが、スイッチを押すだけなので、楽です。

 

タッチパネルで操作が楽

シンプルでわかりやすいタッチパネルで操作がとても分かりやすく、使い方も簡単です。

パナソニック ドラム式洗濯機の口コミ

 

時間により電源を入れると、起動画面に「おはようございます」「こんばんわ」と表示されます。何かじわっときます。(設定で表示しないようにもできます。)

 

タッチパネルの操作

  • 電源を入れる
  • 洗濯、洗濯~乾燥、乾燥のみ、ナノイーXのどれかを選ぶ(前回使用した機能が選択されています)
  • 我が家流、おまかせ、他のコースを選ぶ(前回使用した機能が選択されています)通常はおまかせで、こだわりの方法で洗濯をしたいのなら他のコースを選べばokです。洗剤を手動投入に設定している場合はこのあとに洗剤と柔軟剤の量が表示されるので、表示されている量を手動で入れてくださいね。
  • スタートを押して運転を始める
メニューを選ぶと、使い方ガイドやお手入れガイドを見ることができます。洗濯をしていて使い方がわからなくなったとき、わざわざ取扱い説明書を取りに行かなくても済みますよ。

 

チャイルドロックがついている

お子様がいる家庭では事故防止のため安心のチャイルドロック機能がついています。

 

価格は高いが

パナソニックの最新、最上位モデルなだけあってお値段は税込みで27万円でした。決して安くはありませんが、使う頻度と、使う期間、家事負担への貢献度を考えれば出してもいい値段だと思いました。

 

洗濯機は我が家では毎日使用します。1年が365日で洗濯機の寿命がだいたい6~7年と言われています。6年使うとして、

365×6(年)=2190(日)

270,000円÷2190=123円(1日当たり)

 

他に水道代や電気代がかかりますが、1日あたりでみると洗濯機本体は123円です。毎日使うし、家事への貢献度を考えると決して高くはないのではないかと個人的には思いました。特にこちらを購入する前は洗濯機が急に壊れコインランドリーの往復や手洗いでしのいでいたのでそこからの落差が楽すぎて余計にそう思うのかもしれません。

 

デメリット

次にデメリットも率直に挙げていこうと思います。

 

脱水時の振動が大きい

えっ!?何事?と思うくらいの音と振動で洗面所まで洗濯機を見に行ったことがあります。

 

説明書をみると洗濯物の量や内容によっては洗濯機の中で偏りが生じ脱水の立ち上がり時に大きな振動がすることがあるようで、異常ではないということです。

 

私の場合は少し洗濯物を詰め込みすぎた時に振動が大きかったような気がします。一軒家なので振動が大きくても多少は大丈夫ですが、マンションなどの集合住宅にお住まいなら時間により少し気になるかもしれません。そのような時は「脱水立ち上がりを調節する」という機能があり、脱水時の振動を5段階で調整することができます。

 

乾燥でシワシワになる衣類もある

洗濯~乾燥まで行ってくれてたいへん便利なのですが、乾燥に向かない衣類もあります。薄手のTシャツやハンカチ、エプロンなどは乾燥するとシワシワになります。

 

とはいえ、説明書にはしっかりと「乾燥終了後はすぐに取り出してください」と書いてあります。ずぼらな性格なので、お風呂に入ったあと、洗濯機を19時頃から回しはじめ、洗濯が終了する22時ころはすでに子どもと一緒に寝ているので、洗濯機から洗濯物を取り出すのが翌朝になってしまいます。。

 

ふっこ
すぐに取り出せばシワになりにくいのかもしれません

 

乾燥できないものがある

乾燥できないものは説明書に記載されています。

 

パナソニックドラム式洗濯機 口コミ

その中で不便だなと特に感じるのがマット類が乾燥できないことです。我が家ではお風呂に入ったあと、洗濯をするのですが、お風呂マットも毎日洗濯していました。ただ、お風呂マットは乾燥できないので、毎日洗濯をすることはせず、シーツなど外に干すものを洗濯するときに一緒に洗濯しています。

日々の洗濯物は乾燥までしているので、洗濯終了後マットだけを取り出すというのがずぼらな私にはできません。。

 

洗剤自動投入口の手入れが面倒

便利な洗剤自動投入機能なのですが、お手入れが少々面倒だなと思いました。

説明書にはお手入れをするタイミングとして、3か月ごと、1か月以上使わなかったときとあります。

毎日使うし、3か月ごとなら、そんなに、面倒なの?と思われたかもしれません。

 

お手入れをするタイミングがもう一つあるんです。それは、「洗剤などの種類を変えるとき」です。洗剤とか柔軟剤とか、たくさん種類があったり香りの好みがあったりして結構変えたりしませんか?私はよく変更するのですが、そのたびに投入口のお手入れをしないとだめなんです。

 

洗剤自動投入口のお手入れのタイミング

・3か月ごと

・1か月以上使わなかったとき

・洗剤や柔軟剤の種類を変えるとき

 

自動投入口の洗剤の残りが少なくなっていますという表示がされたら、早めに次の洗剤を入れないといけないのですが、その時に洗剤の種類を変えるのであればお手入れをする必要があります。しかもお手入れをする際に残っている前の洗剤は、再利用しないでくださいと記載があり捨てないといけないんですよね。何かもったいない気がして、、

 

お手入れも蓋と容器を洗浄したあと、本体に設置して、お湯を張って、自動お手入れメニューを押して、また投入ケースを外してお湯を捨てて、水分拭いて、と結構手間がかかります。

パナソニックドラム式洗濯機の口コミ

 

パナソニック ドラム式洗濯機の口コミ

 

頻繁に洗剤や柔軟剤を変えなければ済む問題ですね。

 

窓パッキングが汚れやすい

ドラム式を使っていて警戒しているのが、窓の蓋のパッキング部分のカビの発生です。カビを発生させないように使用のたびに水分や汚れをふきとっていますが、軽く一拭きするだけでもほこりがびっしりとれます。また、乾燥をせずに、洗濯だけで終了したあとにパッキング部分をみると細かい襞やスキマにびっしりと水分が付着しています。

 

パナソニック ドラム式洗濯機の口コミ

 

水分を放置していたらカビの原因になるのでふき取りをしています。

 

洗濯終了後はいちばん黒カビが発生しやすい状況になっているそうです。そのため、NA-VX900Aでは洗濯終了後に「ナノイー」を作用させて黒カビの発生を抑制する「ナノイ―」槽クリーン機能があります。

 

ナノイ―、一度は聞いたことがあると思います。エアコンや空気清浄機、冷蔵庫や洗濯機など様々な家電に採用されていて、アレルギー物質やウイルスや菌に効果を発揮する微粒子イオンのことです。

 

なかでもNA-VX 900に採用されているナノイーは「ナノイーⅩ」といって通常の10倍のナノイー濃度です。

ナノイーⅩが採用されているのは洗濯機の中では、NA-VX 900Aのみになります。

 

まだまだある便利な機能

他にも便利な機能がたくさんあります。まだ実際には使ったことがない機能もあるので簡単に紹介しておきます。

 

・無線LAN機能

・エコナビ

・ダニバスターコース

・温水機能

・タオル専用コースがある

 

無線LAN機能

あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしスマホと洗濯機を接続、設定をしておくと、外出先から洗濯機を操作したり、運転状況を確認することができます。

 

エコナビ

洗濯や乾燥の時に状態をセンサーで検知し、無駄な時間や電力を抑えて、エコ運転してくれます。

 

ダニバスターコース

洗濯前に65度の温風でプレ乾燥をすることにより繊維にしがみついているダニを引きはがしアレル物質を洗い流します。

 

温水機能

冬場は自動で水温を15℃まで温めて洗ったり、30℃、40℃、60℃でおしゃれ着洗いやつけ置き洗い、白物衣料の除菌が行えます。

 

タオル専用コースがある

今治タオル タオルのプロの阿部 哲也氏監修のコースです。タオルの理想的な洗い方について考えられたコースです。

 

パナソニック ドラム式洗濯機 NA-VX 900Aは買ってよかった?

メリット、デメリットをみてきました。たくさん挙げましたが、まとめていきたいと思います。

 

結論から言うとパナソニックのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aは購入して大正解でした。とても満足しています。

 

デメリットもいくつかありますが、メリットを上回るほどの内容ではありません。それ以上に干さなくていい、取り込まなくていいので日々の洗濯にかける時間を短くすることができて、汚れ落ちもいい洗濯機に大満足しています。

 

ふっこ

乾燥が終わって、フワフワでいい臭いのする洗濯物を取り出す瞬間が最高に幸せを感じます。

 

パナソニック ドラム式洗濯機を購入するときの注意点 実際の失敗談をお話します

パナソニックのドラム式を購入して私が実際にしてしまった失敗体験をお話します。

 

私がしてしまった失敗は以下の2つです。

 

以前、冷蔵庫を購入した際に玄関からは入れられずに吊り上げて窓から入れてもらうという失態を起こしたので、洗濯機を購入する際、搬入経路の確認は行っていました。一軒家なので、玄関、リビングの入り口、通路、洗濯パンなどを確認しました。唯一、洗面所の入り口がドアがあると通りそうになかったので、ドアはあらかじめ外しておきました。

 

洗濯機を購入する際の搬入経路のチェックポイントについては下記でご確認ください。

 

扉の向きをあまりよく考えずに購入した

洗濯機を設置する場所の右側に浴室のドア、左側には洗面台がありました。購入するときに左開き(右から左に開く)なら在庫があり翌日発送が可能と言われ、右側には浴室のドアがあるから左開きのほうがいいかなと軽く考え、左開きを購入しました。

 

それが大きな間違いでした

 

当日、搬入に来てくれた作業員が洗濯機置き場を見て一言、「ここに左開きを置くと扉を開けて洗濯物の出し入れをするときに、洗濯機の扉とお風呂のドアに挟まれるので、一度下がってお風呂場の中に入って出し入れしないとできないけどいいですか?」と言われ、愕然としました。扉は開けることはできるけど実際は洗濯機の前のスペースはそんなにないので、扉を開けた後ろに下がって浴室の中に入って洗濯物の出し入れをする必要があったのです。

 

それなら右開き(左から右に開く)のほうが、洗濯機の左側は洗面台の前で人が入る十分なスペースがあるので断然右開きのほうが出し入れがしやすいだろうという結論に至りました。

 

ただ、問題なのは当時、縦型の洗濯機が完全に故障して手洗いやコインランドリー生活をしていたのでとても不便な生活をしていました。同じ型番で右開きの洗濯機に交換となれば在庫がなく、メーカー取り寄せになるので、納品まで2,3週間かかるというのです。あと、3週間もコインランドリー?とショックを受けました。

 

ドラム式洗濯機は右利きの人が使いやすいようにほとんどのメーカーでは左開きが主流だそうです。なので右開きはそもそも在庫がないことが多いのです

 

手洗いやコインランドリーでこのまま不便な生活を3週間続けて、右開き洗濯機を待つか、思い切って左開きをすぐに設置してもらって、不便だけど我慢して使うか、、

 

やはり、長年、毎日使う物、快適にストレスなく使いたい!との思いで左開きをキャンセルして右開きが納品されるのを待つことにしました。

 

電気屋さんからは納期2.3週間と言われていましたが、1週間ほどで運よく入荷があり、すぐに設置してもらうことができ不便な生活を最小限にすることができました。

 

ふっこ
意外と見落としがちな扉の開く向き、購入する際は是非、慎重に検討してくださいね。

 

とてもわかりやすく説明している記事があったので参考に載せておきます。(私のわかりにく失敗談は下記記事の中ほどにある右開きが正解!の写真の例と同じです)

 

 

ドラム式洗濯機の高さをあまりよく考えずに購入した

高さも盲点でした。幅や奥行きはしっかりチェックし、入ることを確認しました。

 

高さは確認しなかったのか?確認しました。何故なら、我が家は洗濯機の上に棚を設置していたからです。床からいちばん下の棚板までの高さを測定し、洗濯機が入ることを確認しました。

 

結論、それだけでは確認不足でした。

 

問題は下記の写真のように洗濯機上部にある洗剤の自動投入口の蓋が棚板に干渉して完全に自立して開かないことです。

パナソニック ドラム式洗濯機 口コミ

 

ですから、洗剤を入れる際は片手で蓋がしまらないように支えて片手でプルプルしながら洗剤を入れるという少々難しいことをしております。

 

ジャストフィットで入ればいいのですが、やっぱり片手で補充する分不安定で多少はこぼれます。

 

ですから、洗濯機の上に棚を設置している時はドラム式の場合、洗濯機自体の高さも結構あり、洗剤投入口が上部にあることも多いので蓋を開けた際の高さまで確認してから購入するようにしてください。

その後棚板の高さを変更しました。

 

パナソニック ドラム式洗濯機は定価では買わないでください

高機能な故、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて高価です。

 

価格調査をして家電量販店でしっかり値切って最安値で購入しましょう。店頭で表示されている価格は店側が売りたい価格であって、買いたい側も買いたい価格を提示して交渉する権利はあります。

 

ふっこ
関西人なので家電は必ず値切ります。値切れば多少は必ず値下げしてくれます

 

私が購入したNA-VX 900Aも本体価格だけで比べると、26万円~35万円とかなりの価格差がありました。実際はリサイクル費用、長期保証料、設置料など様々な費用が別途かかるので総合的な値段で判断しないといけません

 

価格.comは本体価格はとても安いですが、長期保証料やリサイクル費用、配送料などが高く、総合的には高くなっていました。大型家電で、リサイクルが必要、設置も必要な洗濯機のような家電を買う時は本体価格のみの安さにつられて購入しないようにしてください。洗濯機は故障も多い家電なので長期保証がないと厳しいかなと思います。

 

以上のことを踏まえて、値切った結果、送料、6年間の長期保証込み、リサイクル費用込み、設置料無料、全てコミコミ消費税込みでヤマダ電機で27万円ぽっきりで購入することができました。

 

最安値で購入するコツについては下記記事で詳しく書いています。ヤマダ電機ならヤマダ電機のwebストア ヤマダウェブコムでも値切ることができますよ。

 

パナソニック ドラム式洗濯機 ヤマダ電機は価格.comより安かった

 

おわりに

いかがだったでしょうか。パナソニックのドラム式洗濯機 NA-VX 900Aの口コミ、買い方のポイントについてみてきました。

数多くある洗濯機の中から洗濯機を購入しようとするととても迷います。とにかく家事を時短したい人、干すのが特に嫌な人には絶対おすすめです。使い方も簡単です。一つ家事が楽になると毎日がストレスフリーです。ご購入の際の参考になれば幸いです。

まだ購入して1か月ですが、これから迎えるジメジメの梅雨に向けて黒カビを発生させないように、お手入れを頑張ろうと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

人気記事  ネットスーパーと食材宅配の違いを比較 選び方の手順も解説

人気記事  料理の時短グッズ 後悔しない本当に買ってよかった物をお悩み別に解説

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほんわかママ

はじめまして。ほんわかママこと、ふっこと申します。当ブログを訪問してくださりありがとうございます。 現在2人の未就学の女の子を育てている40代主婦です。看護師のパートをしながら育児や看護師の仕事、こどもちゃれんじのレビューなどを気ままにマイペースで綴っています。 よろしくお願い致します(#^.^#) Follow @yuusakuramama

-家事, 家電

© 2020 ほんわかママ