収納 家事

不器用でもできる壁紙の修復方法とは?800円でできました。

2019年10月14日

我が家の洗面所の壁のタオル掛けを取り付けている部分が取れ、壁に穴があいてしまいました。業者に頼むと高くつきそうだし何とか自分でできないかと調べてみたらDIY初心者の私でも簡単に壁紙を修復することができる便利グッズを使い、意外にも簡単に修復することができました。誰でも簡単に修復することができると思いますので補修をどうしようか悩んでいる方のお役に立てると思います。今回はその修復の過程を書いていこうと思います。

 

不器用でもできる壁紙の修復方法とは?800円でできました。

洗面所の壁の補修を自分でしてみました。結論からいうととても簡単で誰でもできると思います。

 

タオル掛けが取れる

洗面所の壁に取り付けていたタオル掛けが取れ、その部分が大きくえぐれたように穴があいてしまいました。タオル掛けを新たに付け直すことにしましたが穴をそのままにしておくわけにもいかずどうしようか悩んでいました。

ネットで色々調べてみましたが業者に頼むと数万円はする様子。何とか自分でできないものかと調べていたら下記の商品を使って壁を補修している動画をユーチューブでみました。とても簡単そうだったので早速、同じ商品をAmazonで購入し、補修に取り組むことにしました。価格は800円くらいでした。

 

壁紙を修復する

我が家の洗面所の補修前の壁です。

 

①補修したい部分に付属のテープをはる

 

上記のようにテープを貼ったら表側のテープをはがし、網目の部分が露出するようにします。上の写真の一番上が表のテープをはがして網目を露出させた状態になります。

②石膏を水で溶かす

こちらの石膏を水で溶かします。

③石膏を補修したい部分に塗る

④石膏部分を乾燥させる

数時間乾燥させます。我が家は小さい子どもがいたため触られないように子どもが寝てから作業し、朝まで乾かしました。乾かしたあとが下記になります。

乾いたらやすりなどで表面を滑らかにしてあれば、同じような壁紙をはれば見た目はもっと綺麗になると思います。

補修した部分の少し上に新しいタオル掛けを付けました。普段はタオルをかけているのであまり補修部分は見えません。

まとめ

自宅のちょっとした補修なら調べてみると意外と自分でできることも多いと思います。費用面でもかなりお得ですのでよろしかったらチャレンジしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほんわかママ

はじめまして。ほんわかママこと、ふっこと申します。当ブログを訪問してくださりありがとうございます。 現在2人の未就学の女の子を育てている40代主婦です。看護師のパートをしながら育児や看護師の仕事、こどもちゃれんじのレビューなどを気ままにマイペースで綴っています。 よろしくお願い致します(#^.^#) Follow @yuusakuramama

-収納, 家事
-

© 2020 ほんわかママ